とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

2013年夏

2013年8月は、お盆休みをはさみながらですが、
長期の出張に来ています。
スペインからドイツへ。。。
失業率27%という状況下でも特にルーマニア、モロッコ、南米から
多くの移民を受け入れているスペインと、
社会統合政策を進めるドイツを見てきます。
10年ぶりのスペインで、ラテンな気分にひたりつつも、
移住している人を中心にいろいろな人のお話を聞き、
経済状況の深刻さも感じています。
別窓 | 日常のできごと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

文化庁長官賞

文化庁長官賞について、神戸新聞に紹介されました。
たかとりコミュニティセンターでの、
活動に関わるみんなの活動への評価として
素直に喜びたいと思います。

文化庁長官賞

別窓 | 日常のできごと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

市民活動の組織運営

いまのところ私が運営の責任をもつ団体を、
グループ事業化して
『多文化プロキューブ・グループ』という名前を
みんなで決めて、その体制がスタートしたのは、
2007年だった。

その団体のひとつ、『FMわぃわぃ』では、
1995年の設立以来、さまざまな紆余曲折があった。
誰もが、その運営に試行錯誤しながらも
その時々によかれと思う形を考えてきたと思う。
私も設立者の一人として、いろいろな立場で関わってきた。
2001年ごろは、特定の人たちの自己実現の場と化し、
地域社会からも嫌われていた。
そうなると、経済的にも立ち行かなくなり、
すべての運営メンバーやすべての番組を見直し、
再建することとなった。
そのときのつらさは、去った者たちや、
残された者たち双方にとっても同じだったと思う。

実質的な再スタートを託されたのは
『ツールドコミュニケーション』。
でもツールドも2005年には、
経済的に運営が立ち行かなくなり、
コミュニティビジネスとして、ある程度安定的に
運営し始めていた『多言語センターFACIL』に
FMわぃわぃが生き残る唯一の手法としての
グループ事業化をもちかけられ、2006年一年は、
合同経営にむけた、スタッフたちの意識共有の時間をもち、
2007年からは、その体制が始まったという経緯。

小さなコミュニティラジオ局といえども、メディア。
でも、当時は一人分の人件費さえ出ない状況の経営状況。
これを、私たちが拠点としている
『たかとりコミュニティセンター』の中で何とか支えて
いけるような基盤作りを、FACILの責務として、
この5年間、みんなで頑張ってきた。
FMわぃわぃは、広告塔としての役割りを担い、
FACILの多言語ビジネスや、子どもたちの発信活動をする
『ワールドキッズコミュニティ』のツールとしても、
グループ活動展開による効果をあげた。
そして常勤職員の、ある程度の雇用条件も改善されてきた。

しかしFACILの職員が、グループ内とはいえ、
他の団体の活動を担当するという、いびつな形は、
活動が広がれば広がるほど、周囲からはわかりづらく、
経営の点からも、非常に扱いにくい。
まちの中の、FMわぃわぃを支えようという意識が
薄れていくことも感じてきた。
FMわぃわぃはみんなで支えなければ成り立たないことを、
声高に伝えることもしてみたが、わかってもらえない。

そこで、今後はもう少しシンプルな形にするために、
ひとつの法人とする方向で、その先には、
リーダーの交代も視野に入れて、この2年間は、
関係者で話し合いなどを続けてきた。

ここにきて、このグループは、
たかとりコミュニティセンターの中にあって巨大化し、
FMわぃわぃを吸収してビジネス路線にむかって
出て行くのではないかと思われているという声を聞いた。
FMわぃわぃをみんなで支えるしくみをつくるプロセスで、
いったんは、FACILが支えなければという責任感は、
まったく別の角度でとらえられていたのかもしれない。
そのような中では、もちろん次世代に不安感を残し、
FMわぃわぃを抱えての運営には尻込みすることになる。

そのような声がある段階では、
これをひとつの法人にするという形を急がず、
もう一度、原点に戻って、FMわぃわぃという団体を、
たかとりコミュニティセンター全体がどう扱うかを
問う時間をとることが必要ということになった。

市民活動を『仕事とする』ことは、本当に難しい。
資金を寄付や会費に頼っていては安定せず、
社会的課題をビジネスという手法を用いて解決する、
というコミュニティビジネスを展開することで、
組織経営の維持をしているNPOも少なくない。

しかし、そこに関わる人々の参加意識−それは職員も
ボランティも−をいかに醸成させるか、がポイントになる。
自分がこれを支える一人であるというオーナーシップと、
どうしてもこの団体が必要だというモチベーション、
これがなければ、維持できない。
それを仕事として、安定的な形を作ることが、
いかに至難の技であるかということを、
あらためて、つくづく感じている。

もしかしたら、もうできないから誰か助けて、と
SOSを出し続けている方がいいのかもしれない。
だけど、そうすると、
子どもを育て住宅ローンを払って家族を支える人たちが、
これを仕事として考えられないという、
以前の時代に戻って行くのではないか。。。。。

私の試行錯誤は、ますます混乱中。


別窓 | 日常のできごと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

市民活動ということ

1990年の入管法改正以降に来日した日系南米人との
さまざまな活動から始まり、
1995年の阪神・淡路大震災を経て、
私の市民活動歴というような経験も23年に
なろうとしている。

神戸の地震では私も被災者のひとりではあったが、
救援基地のボランティア活動の1年半の間に、
ラジオ局の立ち上げにも関わった。
その後、半年はユーラシア大陸からのラジオ中継もした。

1997年からは、多文化共生のまちづくりという目的で
市民活動団体を主宰して今に至る。
2003年には、一念発起をして大学院へ進学して修士号を取得、
同じ年に、
ラジオ局の経営破綻や運営の方向性の軌道修正のために
再建にも関わった。
2005年からは博士課程後期に進み2008年に博士号取得、
2008年には始めての単著も出版できた。

この歴史の中で、自分自身の人生は大きく変わった。
私の関わってきた市民活動の歴史は、
さまざまなところで記録に残り、また発信もしてきた。
それが、正しかったのかどうかはわからないが、
少なくとも仲間たちとともに納得はしてきた。

多くの善意の仲間たちの中には、善意であるがゆえに
連携をできなかった人たちもいる。
そして、自分が関わってきた活動の歴史が、
完璧に事実誤認されて思わぬ中傷になって戻ってくる
こともある。
その相手が研究者だったりすると、
きちんとした調査や裏付けのないままに、
直接伝えるのではなく、論文でもなく
ネット上やメールで書き込む卑怯さに、
怒りよりも哀れみを感じてしまう。
そういうふうに感じさせてしまう何かが自分に
あるのだと落ち込むこともある。
でも、なかなかキャラクターは変えられない。
もちろん自分が完璧な人間になれるはずもない。

市民活動に関わる人たちはみんな、強い思いを持って
関わることが多い。
社会変革ではなく、自己実現のための場になって
権力化してしまってもそれに気づかないこともある。
その結果、はじき出された人は納得できなくなり、
それが妬みとなることもあるかもしれない。

現在は、大学の教員という立場にもなり、
大学と市民活動や地域住民とをどのようにつないでいくか、
これまでの経験やつながりを生かせる、
私に与えられた仕事である。

今後も、自分自身への戒めを忘れず、
関係のない雑音には振り回されることなく、
自分なりの市民活動を続けたいとあらためて思う。

別窓 | 日常のできごと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

2012年、活動の振り返り(たきびの原稿より)その2

ワールドキッズコミュニティ

 毎週土曜日にたかとりコミュニティセンタ—に集まってきている、
外国にルーツをもつ子どもたちは、世代交代をしながらも、
その時にはここを自分たちの居場所としています。
 この居場所という位置づけは実はとても難しく、
仲間たちと一緒にリラックスできる楽しい場所であっても、
逃げ込んでしまう場所になってしまっては本末転倒です。
 子どもから大人になってからもそれは同じで、
昨年度までの活動でずいぶん広がったミックスルーツの若者たちの
ネットワークづくりも、ただ群れているだけではエンパワーメントに
つながりません。
 そこから何を感じ、一緒に何を伝えていくのか、
今後は期待どおりの展開をみせてくれることと思います。
 私たちの活動は、このような微妙なバランスの中での
生身の人間たちとの葛藤の中にあります。
だからこそ、この活動に関わるスタッフもインターンも
ボランティアも、楽しみながらもいつも試行錯誤して
大いに悩みます。
 ともすれば社会の中でかき消されてしまいがちな少数者の、
一人では小さい声をできるだけたくさん集めて、
映像であれ、ラップであれ、研究発表であれ、
何らかの形で発信するお手伝いをするのですが、
そんなに簡単なことではないのです。
 それは同時に、私たち自身の人間としてのあるべき姿が
問われる貴重な機会でもあります。
しかし、ともにこれを乗り越えたときに
社会にもたらされる豊かさは、はかりしれないと思うのです。
 だからこそ、昨年も今年も来年も、
大切な機会を多くの人たちと共有できるよう、
根気強く活動を続けたいと思います。


別窓 | 日常のできごと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
BACK | とみちゃんのラテンな日々 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。