とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

「共生」は「競生」の始まりで「強制」するべからず

「オーストラリアの多文化共生社会を考える」というフォーラムが
東京で開催された。
オーストラリアは白豪主義から多文化主義へ転身し、
多くの移民を積極的に受け入れ、移民政策もかなり先駆的で、
私も注目している国のひとつ。
そのオーストラリアから、移民政策、移民の教育、移民サービスなどの
分野のキーパーソンが勢揃い。
しかもコーディネーターの関根先生は、私もその文献にかなり関心を
持っている研究者のひとり。
これはもうわざわざ東京まで行く価値ありと、参加した。
主催も国際交流基金で、けっこうこれまでもいろいろとつながりがあり、
今後の話しもできるかもしれない。

フォーラムの内容には、政府が移民受け入れを積極的に行うということが、
こういうことなのだと、思い知った。
新しいことを知ったと言うよりは、私たちの活動内容とかなり近いが、
そのすべてに政府の予算が出ているから、当然スケールが違う。

自助組織に関する私の質問は、一番答えにくかった、とあとで言われた。
やはりそれはさまざまな課題を含んでいることを伺わせる。

私にとっては、オーストラリアのパネラーたちとの名詞交換と
そのあと、関根先生と飲みながら話ができたのが一番の成果。

その話の中で教えてもらったことは、
きれいごとに見える「共生」と言う言葉に対して
私がこれまで何か腑に落ちないものを感じていたものを、
うまく整理してくれた。

心ある人たちは自分より弱い者には優しくできるのに、
その対象者が力をつけて競争相手になって自分の立場を
脅かすようになったとたん、排除しようとする。
群馬県大泉町でも、ブラジル人が2000人までは地域住民と
うまくいったのに、6000人になった今、地域との壁が見える。

この現象は至るところで見られる。
同じ社会で平等に暮らすと言うことは、そもそも競争のための
同じスタートラインにたってこそ実現できること。
どんな人も頑張れば認めてもらえる社会とは、
みんなが頑張って、よい意味で競争する社会。
そのことをしっかりと見据えて、覚悟して、多文化社会を考え、
時間をかけてひとりひとりがしっかりと納得していくプロセスを大切にし、
決して法律でむりやり変えることが目的ではない。

つまり、
「共生」は「競生」の始まりで「強制」するべからず。
別窓 | 研究のこと | コメント:2 | トラックバック:1
∧top | under∨
<<もしもノート | とみちゃんのラテンな日々 | 追悼>>

この記事のコメント

はじめまして。
国際交流基金のシドニー事務所におります小池といいます。
ブログに書いていただいたフォーラムについて、
オーストラリア側で人選やロジの担当をしていました。
CRCの皆さんを日本に送り出したものの、
自分は一緒について行けなかったので、
フォーラムの様子が気になっていました。
ブログに紹介していただき、ありがとうございます。

オーストラリアの多文化主義については、
これからも機会を捉えて紹介していきたいなあと思っています。
フォーラムの感想やご意見など、
またお知らせいただけると嬉しいです。

どうも突然お邪魔しました。
2007-01-24 Wed 14:30 | URL | Wakao Koike #-[ 内容変更] | top↑
思わぬコメント、とても嬉しいです。
国際交流基金には、いつもいろいろとお世話になっています。
基金が助成している海外のフォーラムにもパネラーで招いていただいたこともあり、
その様子もこのブログで紹介しています。
こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。
2007-01-24 Wed 20:00 | URL | とみちゃん #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

みなさんこんにちは、オレペコです。 今日は、以前三富さんが紹介していた 「オーストラリアの多文化共生を考える」 フォーラム に参加された方々がいろんな感想を書いてくださっているのでほんの少しですがご紹介したいと思います。というのも、今週土曜日(1月27日)に …
2007-01-25 Thu 10:45 地球を、開けよう。
∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。