とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

核全廃への悲願

湯川秀樹の生涯を通じての悲願をテーマにしたテレビ番組を見た。
広島や長崎のことだけでなく、すべての人類のために、
核全廃を叫んできた。
核保有を抑止に使う国家間のエゴイズムを鋭く批判し、
それに加担する科学者の愚かさを嘆く。

ごくわかりやすい当たり前のことなのに、
なぜ人間はそのことに気づかず、核開発を続けるのか。

先日の馬鹿な政治家の日本の核保有賛成論に、
私たちは、どうやって抗っていけばいいのだろうか。。。。

世界の科学者のトップの執念のような一生をかけた活動でさえ、
この流れを変えられなかったのかと思うと、悲しい。

私には遠すぎる問題だが、誰にとっても人ごとではない。

つい最近も、研究発表の場で、
「国民国家の単位で成り立っている世界において、
その国の国籍を持たない者は、権利を主張するべきではない」
と、平気で言い切る若者を身近で見たときに
背筋が凍る思いがしたことと重なった。
別窓 | 日常のできごと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<出張のはずだった | とみちゃんのラテンな日々 | 親の面倒>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。