とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

親の面倒

私は一人娘。
父は79歳で母は74歳。
二人とも健在で、姫路でのんびりと暮らしている。
でも、ふたりだけでは旅行に出かけることもなくなってきた。
離れて暮らしていることもあり、今年になってからは
一ヶ月に一度は顔を見る機会を作るようにしている。
そもそもそう思ったのは、介護サービスなどに認めてもらうには
元気でふたりでいる間はまだ大丈夫、
と思っていたふたりがふと、とっても寂しそうに見えたから。

昨日も香川県に行った帰りに讃岐うどんを持って
実家に立ち寄り、夕食を一緒に食べて帰ってきた。

年齢とともに確かに、徐々に外出がおっくうになったり、
疲れやすそうな感じで、食欲もおちたりという変化はわかっていた。
でも昨日は、それだけではなく母の言動の微妙なずれに気づいた。
辻褄のあわない、よくわからないことで怒り出したりする。
やはり、ただのもの忘れとかではなく少しおかしい。。。。。

そろそろ、二人とも近くの目の届くところにきてほしいと思った。
離れて暮らしていることの後ろめたさや、
このままもし認知症とかになったときに、自分がどれぐらい面倒を
みてやれるのか、考えているとどうもあせってしまう。

父には、母も連れて地域の老人会などにはできるだけ参加するとかで、
なるべくふたりだけで家にこもらない方がいいよ、と
今朝から思わず電話をした。

いきなり一緒に暮らすのがいいのか、近所でマンションでも見つけて
引っ越してもらうのがいいのか。。。

そんなこともあり、今日は介護サービスなどの仕事をしている人に
相談したくなって、関さんにタイミングよく来週の番組のゲストを
お願いしてお話を聞いた。

自分は親と同居して面倒を見ながら、介護サービスなどに出かけて
独居老人のお手伝いをしているという関さんは、
親と暮らさない子ども達の無責任さをどう思うのだろうか。

すると、彼はこう言った。
「ヘルパーさんもたくさんいるから、地域のサービスをしっかり利用して、
実の子どもは、時々会いに行くのがちょうどいい。一緒に暮らしていると、
ついしんどくなったりして、わかっていても喧嘩にもなる。
親の面倒はある程度プロにまかせて、ときどき会って優しくするのが、
お互いのためにいい。地域コミュニティの助け合いは、そういう意味で大切。
自分は他の方のお世話を親身になってしてあげることで、救われる。」

この言葉に私は救われたのであった。
何でもひとりで抱え込まず、助け合うことの意味。
何だか肩の荷が少し軽くなった。
別窓 | 家族のこと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<核全廃への悲願 | とみちゃんのラテンな日々 | フランスビザのおばあちゃん>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。