とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

いんたぁなしょなる

今日は、神戸市長田区では地蔵盆があった。
このお祭りは、子どもたちがおやつをもらえる楽しいイベントだが、
老若男女のためのソウルフラワーモノノケサミットのライブもあった。
アリラン(朝鮮)やキジムナ(沖縄)、復興節に三池炭坑の労働歌。。。
震災のあと、どれほど彼らの音楽に元気づけられたかを思い出す。
舞台の前で老若男女はみんな、一緒に歌って踊る。

また、19,20,21日と急遽行った北海道の二風谷では、
萱野さんたちの活動で復活した、年に一回のチプサンケ
(舟下ろしの祭り)と、30年ぶりのアイヌ式の結婚式が行われた。
前夜祭でもチプサンケでも結婚式でも、
アイヌの古式舞踊と歌でみんなが踊った。

93年にスペインのベンポスタサーカスの子ども・若者たちとボランティア、
地元のおじさんやおばさん、在日、ベトナムの人たちが夏祭りの公園で
一緒に踊った盆踊りとサルサ。
あの、私の活動の原点のような光景を思い出す。

その年から、どうしても行ってみたくて企画した彼らのまちへの
第一回目のスペイン・ベンポスタツアーに参加した、
当時10才だった男の子が、偶然いまうちに来ているインターンの友達で、
私のことを覚えていて、
あの旅が「自分のスタートだった」という手紙をくれた。
嬉しくて何度も読み返した。

でも今、「いんたぁなしょなる」は、こんなに身近にもあることに
気づいたのだ。
あのツアーに行かなくても、
みんな自分のスタートは見つけられるのかもしれない。
でも、行かなくてもいいと気づくために、
また何か企画したいと思う。

******
追伸:
ところで、二風谷の前夜祭のトリで行われた大腕相撲大会では、
私はみんなに煽られて参加して、昨年の優勝者を破ってなんと優勝!
みんながたいしたことないのか、私が強いのか。。。
異様な盛り上がりに、賞金10万円は思わず、
萱野さんとこで続けている「アイヌ語教室」に寄付をした。
そんなんでもらって帰れるわけない。
そして、私に負けた女傑に
「来年までに鍛えておくからまた来て!」と挑戦されたのであった。
CIMG1880.jpg

CIMG1873.jpg

CIMG1829.jpg

別窓 | 日常のできごと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ひろしま満喫 | とみちゃんのラテンな日々 | ゴーヤパーティその1>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。