とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

老いるということ

孫が生まれるような年齢になった今、
82歳と87歳になる両親を見ていて、
高齢者になるということを、
実感をもって考えられるようになった。
両親は、歩くのがままならなくなった父だけが
まず介護施設で1年暮らしたあとに、
今は、高齢者向け住居にふたりで転居して
暮らし始めている。
口のへらない気丈夫だったはずの母は、
これまで一生懸命こだわりをもって守って来た家を
ばたばたと身の回りの物だけ持って離れたので、
急に元気がなくなり食欲が落ちた。
お医者さんによると、高齢者うつ病とのことで、
薬でずいぶんよくなったようだ。
私は、週に一度訪問するのが精一杯で、
訪問するときは、あまりメニューにないような食べ物を
持参してみたり、実家に連れて行ったり、
孫の写真をみせたりと、
少しでも楽しい時間が過ごせるようにと思うが、
ふたりとも、あまり前向きな気分になれないようだ。
本当は、一緒に暮らしたいのだと思うし、
できればそうしたいと思うが現状では難しく、
自分でも悶々とした思いをぬぐい去れない。
一方で毎日の忙しさと海外出張等に追われている。
人間が人生の終焉に近づいていくということを、
どのように前向きに考えて生きるのか、
自分にも必ず訪れるだろうそのときについて、
その課題は誰もが抱えていくことだと改めて思う。
別窓 | 日常のできごと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<貴重な経験 | とみちゃんのラテンな日々 | わぃわぃ物語>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。