とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

組織運営雑感

私自身は、NPO法人という組織の運営をしている。
市民活動は、ボランタリーな精神というか、
自主的な意識というか、そもそも社会への関心を持って
主体的な関わりを求めている個人を、組織として活かして
いくための知恵が必要で、
雇用関係とのバランスの難しさを常に感じている。
試行錯誤の毎日の中で、ひとりひとりがモチベーションを
持ちながら、安定的な経営もしなければならない。
しかし、企業との違いは、合理性を追求するのではなく、
時間をかけて、全員の納得のプロセスを優先するところだ。
もちろんリーダーシップは必要だが、
ルールも全員で時間をかけて考える。
結果的には、そのほうが事業はスムーズに遂行される。

一方、現在、昨年度から私が所属する大学内組織は、
もともと研究者という立場の「個人事業主」がメンバーなので、
どちらかというと、全員が同じテーブルで提案し、
協議するが、ときどき知らない間に何かが動いていたり、
というよくわからないながらも、非常に柔軟な体制だった。
柔軟な体制で動く場合は、関わるメンバーの信頼感が
ベースになるので、それはそれなりにおもしろいし、
私にとっては、動きやすかった。

今年度にはいってから、その体制は整備され、
決定プロセスにルールが作られ、いくぶん企業に近い
ヒエラルキーができた。
それはそれで、担当や提案の順序などはわかりやすくなった
と思うし、私自身の動き方は、そんなに変わらない。
しかし、会議で全員提案型、意見交換型のときより、
モチベーションがおちてしまったことは否めない。
合理性追求型は、この組織にとって適切なのかどうか。
今後の様子を見て、参考にしたいと思う。


別窓 | 日常のできごと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<美耶子のバースデーディナー | とみちゃんのラテンな日々 | 九州湯三昧の旅>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。