とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

コスタリカ (9/3 Sat.~9/7 Thur.)

カンクンからは、パナマ経由でコスタリカへ。
コスタリカではグレンに会って、今後の恊働の話しを
具体的に詰める。
世界でただふたつだけ、軍隊を持たず、平和憲法の国が
あり、そのひとつの日本と、もうひとつのコスタリカには、
一度はいくべきだと思っていて、今回はそれが実現した。

コスタリカ大学の様子
CIMG1555b.jpg

CIMG1566b.jpg

CIMG1598b.jpg

200年前に地震で甚大な被害を受けたために、
衰退した古都カルタゴ。
そのときに崩壊した教会は当時のまま公園になった。
CIMG1526b.jpg

訪れた日は、ちょうどカトリックのお祭りの日だった。
CIMG1507b.jpg

CIMG1499b.jpg

市場の様子。
CIMG1487b.jpg

CIMG1489b.jpg

今も活火山で災害の可能性があり、
世界第2の噴火口のポアス火山などを訪問した。
CIMG1627b.jpg

CIMG1623b.jpg

今回の案内役のグレンは、さまざまな社会課題を扱い、
政府や大学と連携しているコンサルタント事務所を経営している。
現在、在コスタリカ日本大使館に勤務している私の団体の
元インターンと彼をつなげることもできた。
CIMG1476b.jpg

コスタリカの平和憲法制定のきっかけとなった、
1948年の内戦時に城の壁に打ち込まれた弾劾あと。
そのときの悲劇を忘れないためにそのまま保存。中は博物館。
CIMG1701b.jpg

CIMG1700b.jpg


今回のコスタリカの訪問で、来年度には、
日本とコスタリカで、自然災害を切り口にして平和憲法を
考えるフォーラムを開催するという構想がまとまった。

フォーラムの実務メンバーたちと。
CIMG1614b.jpg

コスタリカのおいしいお料理たち。
CIMG1472b.jpg

CIMG1473b.jpg

CIMG1474b.jpg

CIMG1475b.jpg

CIMG1588b.jpg

CIMG1599b.jpg

CIMG1608b.jpg

CIMG1678b.jpg

町の通りにある、典型的なコスタリカ女性の像
CIMG1582b.jpg

7日にはコスタリカを発ち、
パナマ、メキシコ、サンフランシスコ、成田を経由して
9日の夜に伊丹空港に帰るというハードなフライトスケジュールで
帰国した。


別窓 | 研究のこと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<外国人はコミュニティラジオの運営に参画できない? | とみちゃんのラテンな日々 | カンクン(8/31 Thur.~9/3 Sat.)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。