とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

エルモシージョ@メキシコ(8/22 Mon.~25 Thur.)

サンフランシスコからメキシコシティに移動し、
そのまま国内線に乗り継いでエルモシージョに行く。
乗り換え時間が1時間50分でぎりぎりだった上に、
サンフランシスコからの便が1時間遅れで出発したので、
間に合うかどうかヒヤヒヤ状態で、到着後は
混んでいる入管/税関を大慌てで通過して、
何とか国内線のチェックインにたどり着く。
ラッキーなことに、搭乗予定の便も1時間遅れていたため、
ぎりぎりでチェックインを受け付けてもらってセーフ!

エルモシージョはソノラ砂漠にあり、日中の気温がなんと45度。
とても外を散歩しようなどという気分にはなれず、
ホームステイ先のRadio Bembaのメンバー夫妻、
ミゲルとロサマリアにいろいろとお話を聞くことが多かった。
ミゲルは、あのサパティスタのヒーロー、の同級生だったという。
着くとすぐ、夜食を作ってくれた。

CIMG0780.jpg

CIMG0430b.jpg

CIMG0786.jpg

ミゲルとロサマリアの家の前で

CIMG0436b.jpg

町の市場には帽子屋さんが多い。

CIMG0831b.jpg

ここでは、4年前に起きた保育所での火事で子どもたち20人が
亡くなった事故に関して、自治体の管理の杜撰さに対して
抗議する遺族たちの活動にRadio Bembaが全面的の協力を
したことで、コミュニティの住民たちからの信頼が
深まったのだと言う。

CIMG0864.jpg

コミュニティラジオが、地域社会の中で果たす役割を
実践しているラジオ局だった。
カルロスは、いきいきと放送を続けており、たくさんの
番組担当者のお話も聞けた。
私も番組に出演!

CIMG0794.jpg

CIMG0326b.jpg

CIMG0789.jpg

CIMG0848.jpg

CIMG0847.jpg

CIMG0844.jpg

CIMG0803.jpg

CIMG0804.jpg

翌日は、日本が戦時中にエルモシージョに兵士を送り、
そこを基地としてアメリカ西海岸を攻めたという話があり、
そこで生まれたエルモシージョの女性とのロマンスを
テーマにした小説を書いたお医者さんに会って、
聴かせてもらった話は、たいへんおもしろく、
そこにも日系人の足跡があることを知った。
最終日は美術館にも案内してもらい、エルモシージョの
さまざまな文化の影響についても教えてもらった。

CIMG0882.jpg

CIMG0878.jpg

CIMG0887.jpg

そして、この灼熱の砂漠の夜は暮れた。

CIMG0929.jpg

CIMG0853.jpg


別窓 | 研究のこと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<メキシコシティ(8/25 Mon.~31 Thur.) | とみちゃんのラテンな日々 | サンフランシスコ(8/19Fri.-22Mon.)>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。