とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

被災地の移民コミュニティ支援

東日本大震災直後から続けている活動のうち、
移民コミュニティの支援、をテーマとして情報を収集し、
縁ができたフィリピンのお嫁さんたちのグループ。
彼女たちは、これまで日本語を早く覚えて
「日本人のようによく働く嫁」として
お姑さんにも気に入られてきた。
自分の子どもたちにも日本語ではなしかけ、
地域社会にとけ込んできた人が多い。

だけど、震災で恐い目にあって、仕事がなくなって、
不安だったときに、仲間たちと助け合う中で、
自分たちのアイデンティティが蘇る。

彼女たちに、タガログ語のラジオ番組をしないか、
と提案したところ、とてもやる気満々で、
準備を整えて機材を運び、番組作りの研修をした。
まだ番組は完成していないけど、
番組作りのプロセスで、自分たちの被災体験を
自分たちの言葉で語ることが、ストレス発散に
なればいいなと願う。

CIMG0287b-1.jpg

CIMG0278b.jpg

CIMG0263b.jpg


「私たちが気仙沼にいることを、ここで頑張って
いることをみんなに伝えたい」と語る彼女たちの
意気込みを感じている。

今週末は、気仙沼に花を植える活動をするとのこと。
日本人になることで認められるのではなく、
フィリピン人として、地域社会に受入れられる日も
近いと思う。

●最新情報は多言語センターFACILのHPへ
 http://www.tcc117.org/facil/
別窓 | 仕事のこと | コメント:4 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<バヤニハン国際友の会のラジオ番組 | とみちゃんのラテンな日々 | 優先座席>>

この記事のコメント

暑さの中、お疲れさまです!
わたしは、難しいことはよくわからないが、
とみさんの目指していること、ライフワークは
、結局、”共生”というテーマなんですよね。
広くは異文化間、狭義な意味では、地域社会の
異なった立場の人々が、理解しあい、助けあい、譲り合い、智恵を出し合って、皆ができるだけ、心地よく
そして仲良くしてゆくことが、理想なんですよね。ますます
複雑化してゆく社会の中で、自分ができることは何だろうか?そんなことを考えながらも、実際は
日々の暮らしに追われていることを口実に、
簡単にエゴに逃げ込んでいってしまう私自身を
恥ずかしく感じてしまいます。とみさんの行動力や
精力的な活動には頭が下がります。
でも、これからが夏本番!オーバーワークと
アキレス腱の予後には、くれぐれも気をつけて下さいね。
少し、早いですが、暑中見舞いのつもりです。


2011-07-15 Fri 01:05 | URL | TSUYOSHI FRM KANTO #-[ 内容変更] | top↑
コメントありがとう。
そうなんです。いろんな意味で“共生”をめざしています。
多様性の重視、少数者への視点、成熟した民主的な社会のために必要なテーマだと思っています。
2011-07-16 Sat 03:17 | URL | とみちゃん #-[ 内容変更] | top↑
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-07-17 Sun 10:21 | | #[ 内容変更] | top↑
カメさん

むちゃくちゃお久しぶりですね!コメントありがとう。
そういえば、宮城県だったのですね。だいじょうぶでしたか?
今回のこと、ほんとうに胸が痛みます。ひと事ではないです。
4月の初旬から4回被災地に行き、次回は7月31日から8月3日まで
行く予定です。たぶん今度はリハビリブーツは、とれていると
思うのですが。。。
こんなに大変な状況では、なかなか時間はかかるけど、
必ず復興して、前より美しい町になるはずです。
神戸も17年経って、それを実感しています。
またお会いしましょう!
2011-07-18 Mon 00:10 | URL | とみちゃん #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。