とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

優先座席

リハビリブーツをはいて、電車に乗るようになったら、
優先座席のことが気になるようになった。
長い時間電車に乗るときは、
立っているのが、だんだんつらくなるから座りたい。
優先座席はたくさんあるから、その近くまで行って
それとなく立っているが、
混んでいるときほど、誰も譲ってくれようとしない。

優先座席は、空いていたら座るけど、
座ったら、とりあえずまわりに気をつけておくものだ、
と私は思っていた。
が、現実はそうではなく、
眠っているふりをする、おしゃべりをする、
と、気づかぬふりをする人が多いことに気づく。
たった一度だけ、私と同年輩の女性が譲ってくれただけ。

優先座席が世の中に登場した当時、
本当は、優先座席なんかなくても、
高齢の方、障がいを持っている人、ケガをしている人、
妊娠中の人、子どもを抱いている人、などがいたら、
席を譲るという文化をつくる教育の方が大事だ、と思ったが、
今度は、優先座席ができても、
あまり意味がないという現実に、もっと愕然としたのだった。

別窓 | 日常のできごと | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<被災地の移民コミュニティ支援 | とみちゃんのラテンな日々 | リハビリブーツ>>

この記事のコメント

シルバーシートについての考え、私も全く同意見です!

昨年、出張で上海に行き、久しぶりに何度か、地下鉄を
利用することがありましたが、中国でも、日本同様、
道徳心やマナーの低下が問題視されている状況でも、
年長者を尊重すべしという伝統文化が生きているせいか、実際、お年寄りや杖をついた障害者の方へ、
若者が、電車の席を譲っている光景を何度も目にしました。
現在、中国にも、場所によっては”博愛座”なるものも
登場していますが、本来はシルバーシートで、権利を確保するのではなく、自然な形で、譲り合うのがいちばんよいと
そういう風に、私も考えています。

アキレス腱、足の具合いかがでしょうか?
写真見ると、痛々しいですね。
一日もはやく100%元に戻るといいですね!
(まだ、若いから治りが早いのでは?)
2011-07-10 Sun 01:36 | URL | TSUYOSHI FRM KANTO #-[ 内容変更] | top↑
コメント、ありがとう!
もう少ししたらリハビリブーツも脱げそうです。
でも、油断して再断裂なんてことにならないようにしないとね。
2011-07-12 Tue 23:34 | URL | #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。