とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

今日の収穫

先週1週間、普通に仕事はしたが、無理をせずおとなしくしていた。
そのおかげで目の出血も、頭痛もおさまってきた。

昨日は、私の指導教授が主宰している研究会の日だった。
そもそも私が大学院へ行こうと決心したのは、
今まで15年間の市民活動の整理、いったい自分がしてきたこと、
自分がしようとしていることが何だったのか、何をめざしているのか、
自分だけで納得するのではない方法で明らかにしたいからだった。

でも修士論文は、基本的な作法もよくわからないまま、
何となくできあがって修士(国際学)という肩書きが増えた。

中途半端だったから博士課程は大学を変えて進学し、今は1年目。
ここまできて、今日はその「作法」というのをやっと見つけた。
いわゆる分析のための方法論というやつだが、
今までこのことがよくわかっていなかった。
修士論文を書くときには、「事例研究」みたいな書き方で
それ以上の作法を求められなかったが、博士論文はそうはいかない。

私は「市民活動」という仕事をしながら研究(?)をしているが、
自分の職場の基盤作りに励んだこの半年が思わぬ番狂わせとなり、
現在、新しい事業を始めるというのに、いろいろと環境が整わず、
解決しなければならないことも山積している。

そんな中で、今日の発見は、何だかひとつの光が差したようで
嬉しかった。

  
別窓 | 研究のこと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ひとやま越えた | とみちゃんのラテンな日々 | 過労の目>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。