とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

NPOの雇用条件

現在、神戸で活動を継続している市民団体の多くは、
地震を契機に、無償ボランティアから始まった活動を
NPO/NGOという組織を形成し自分の仕事として継続している。

当初は、同じレベルの能力の人材でも企業と比べると
その年収は20%~30%程度であったが、
ようやくその雇用条件を改善して「人並み」のレベルに
近づきつつある。

企業も、またNPO/NGOも多様で、
条件もピンからキリまでで、何をもって「雇用条件」を
比較するのか、そもそもの価値観から考えなければならない。

仕事の内容の自分の中でのモチベーションや社会的意義、
年収、社会保険関連、就業時間と休暇のバランス、
人間関係、自分の技術向上の機会、安定性、etc...

給料だけではない総合的判断で考えたとき、
今の自分の団体の条件は、かなり改善されてきたのだと思う。

しかし、それは無償ボランティアという立場から始まり、
その活動に少しずつ経費や対価が得られるような基盤を
作ってきた一世代目の私たちにはそう思えても、
ある程度の基盤ができたところに職員として雇用された立場の
次世代の人たちにはどのように伝えたらいいのだろうか。

「昔は大変だった」という押しつけの話ではなく、
NPO/NGOの組織基盤作りのプロセスに共感を持ちながらも
社会性と運動性を使い分けることを、うまく伝えることは、
これからの課題だと思う。

雇用条件の満足度をどのように測るのか、
それはその課題とともにある。
別窓 | 仕事のこと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ベトナム 2010年夏1 | とみちゃんのラテンな日々 | かつめし初体験>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。