とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

あるベトナム人の死

『随想』4月16日(神戸新聞)より

先日、知り合いのベトナム人が亡くなったという知らせを聞いた。
ある朝、自宅近くのコンビニの前の道で行き倒れていたという。
確か、まだ40代半ばだったと思う。
もし自宅で亡くなっていたら、まちがいなく「孤独死」だったから、
道で見つけてもらってよかった、という声が聞こえた。

 彼はベトナム戦争後、難民として日本に渡ってきた。
神戸で震災にあい、避難していたテント村では、ベトナムでの
本職だった墓石作りの技術を活かして、
その器用さでテント生活の手助け役として活躍した。

 しかし、日常生活に戻るにつれて、患っていたアルコール
依存症がひどくなり、生活はすさんで行った。
それでも人なつこい笑顔で、ときどき私たちの活動拠点に、
おみやげ持参でやってきたことを思い出す。
それは、たいてい盗品だったらしい。

 彼の人間としての弱さを批判することは簡単かもしれない。
同じような境遇でも頑張っている人はたくさんいる。
でも戦争さえなければ、そう思うとやるせない。
彼の死後、住んでいた部屋から、気にかけてくれた人たちへの
お詫びを綿々と綴ったベトナム語の手紙がたくさん見つかったという。

 いろいろな背景があって、同じ「まち」に暮らしている人たち。
「寂しいんだ」と知人にもらしていた彼にとって、
この「まち」は居場所になっていただろうか。

 私たちがめざすのは「多文化共生社会」。
多様さを豊かさと認め、誰もが頑張れるチャンスを与えられ、
そして頑張れば認められる社会。
混乱や面倒なことを覚悟しても、
その社会をめざしていくプロセスで、
住民ひとり一人が少しずつ成熟していくのだと思う。
すべての住民にとっての完璧な理想郷はあり得ないかも
しれないけど、めざしていく意義は大きい。
みんなにとって、この「まち」が自分の居場所になってほしいと
切に願う。
                (by 吉富志津代)


別窓 | 日常のできごと | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<親友 | とみちゃんのラテンな日々 | コスプレスナック?>>

この記事のコメント

ブログ毎回楽しく読んでます。
まじめなのと面白いの(コスプレとか笑)バランスとれてて
面白いです♪

日本語が流暢でない定住らしい人が、本をもってカウンターに居て、図書館の人(新人っぽい)が、
「お借りになりますか?返却ですか?」って何度も聞くの。
その人は、「前借りて、今貸して。。」ってカタコトで、とにかく聞かれてる内容が分かってないかんじ。さらに、「お借りしますか?返却でしたらその棚に返却ください」「???」
また何度も同じ事を聞いて、説明を繰り返すんやけど、マニュアル口調やし、日本語ネイティブじゃないのは今のしゃべりで分かるのに、簡単な聞き方はしなくて。で、最後にその定住らしい人は怒って、怒鳴りだし。。。図書館の人は謝罪してたけど。

怒鳴る事はないけど、憤慨する人の気持ちも分かりすごく複雑な気持ちになりました。
こうゆう日常のサービスにおいても、もっと定住外国人に対応するマニュアル?みたいなものも
必要だと思いました。
そうゆう働きをする団体ってないのでしょうか?
2010-05-26 Wed 18:40 | URL | ゆうじゃ #ZXKtwpLU[ 内容変更] | top↑
いつもコメントありがとう~
なかなか更新しないブログだけど、
読んでくれてありがとう!
図書館の窓口の人に「やさしい日本語」のことを
教えてあげたいね。
伝えたい、という気持ちがあれば、
いろいろ知恵をしぼるでしょうに。。。
こういう人は、きっと日本語でもコミュニケーションが
苦手なんでしょう。
2010-05-26 Wed 22:07 | URL | とみちゃん #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。