とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

「NPOと協働」

『随想』3月1日(神戸新聞)より

震災の年は、「ボランティア元年」と言われ、
「NPO法人」という制度ができることにつながった。
NPO法人は、新しい公共サービスの担い手として、
行政と一緒に事業をすることも少なくない。
それは「NPOと行政の協働」ということばで表現されるようになった。

私もこのタイトルで、全国の自治体職員の方に話をする機会がある。
しかし、いったい「協働」とは具体的にどういうことだろうか?
「協働」という表現をしていても実際には委託または請負契約と
いう形になる。
自治体が担っているサービスのうち、
専門の業者に委託をしている場合も多いが、
NPOが、営利目的である業者やコンサルタント会社とは違った視点での
専門性を高めてきた結果、さまざまな分野で委託先になっている。
例えば、公共施設の管理、情報の多言語化、各種セミナーの実施、
調査事業など。
同じ費用でも、NPOの場合は市民自身の市民自身による市民自身の
ための的確なサービス内容である。

しかし、この「協働」は、さまざまな課題を抱えていることも
否めない。
たとえば、先日も私たちが委託されて、
企画から広報や実施まで中心的な役割を果たしたセミナーがあった。
当初は、こちらに専門性があるからと「お願い」されたとは言え、
私たちにとっても願ってもない活動の機会で、
まさに「協働」だと思って続けている。
しかし形としては委託事業なので、
セミナーの中で主催者挨拶をするのは委託主側になる。
でも、すべてのことを委託主が行ったかのように挨拶し、
「協働」の「き」の字も出ないのを聞くと、空しくなる。

もちろん、本来の意味どおりの「協働」を実感することもあるが、
対等ではない従来の契約の形が変わらない限り、
NPOが安い委託先として使われて疲弊し、
担当者には「協働」という意識があったとしても、
費用-それが住民の税金であっても-を出す側の「お上意識」は
変わらないのではないだろうか。
               (by 吉富志津代)
別窓 | 日常のできごと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<九州食べ歩き | とみちゃんのラテンな日々 | 「地域が支えるラジオ局」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。