とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

「地域が支えるラジオ局」

『随想』2月12日(神戸新聞)より
神戸市長田区にある「FMわぃわぃ」は、
震災を契機に始まったコミュニティ放送局だ。
情報発信の必要性を感じた市民たちで立ち上げた「りっぱな海賊放送局」が、
震災の一年後に認可を得て正式開局するときには
“太平洋にイカダでこぎだす気分”であったという私自身のコメントが、
当時の神戸新聞にも載った。

コミュニティ放送局というのは、FMラジオ局のうち、地域を放送エリアとし、
まちの活性化に役立つことを目的とする。

 FMわぃわぃの開局は全国で25番目だが、今では235局になった。
先日、FM三木とFM宝塚と共同で
「コミュニティラジオ―地域の中で果たす役割と可能性」
というシンポジウムを開催した。この模様は、2月15日から21日までの間に、
兵庫県内11局のコミュニティ放送局で特別番組として放送される。

 災害時、地域のメディアとして身近な情報を提供するという
大切な役割は言うまでもない。
しかし、この小さなメディアがマスメディアと大きく違うのは、
情報を提供する側と受ける側という一方通行ではなく、
受け取った側も発信する双方向の関係性にある。
つまり、地域住民自身が発信に参加し、市民活動を促進する
コミュニケーションの道具や場としてのメディアなのだ。
そしてFMわぃわぃは、住民の中でも発信する機会の少ない、
少数者として地域に暮らす障がいのある人や外国出身の人たちの
視点を大切にした、10言語の多文化・多言語の放送局である。

 運営/経営をするのも市民自身で、それを支えるのは、
カトリック教会や仲間のNPOなど。
このように、公的な役割を果たしている放送局であっても、
継続させるためのしくみや制度がまだないので、
多くの人の協力が必要だ。 

 FMわぃわぃもメディアなのに、毎年震災の頃が近づくと、
取材対象としてメディアが殺到する。
いつになったらFMわぃわぃのようなラジオ局が
めずらしくない日がくるのだろうか?
                  (by 吉富志津代)

別窓 | 日常のできごと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「NPOと協働」 | とみちゃんのラテンな日々 | 「国境を越えた踊りの輪」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。