とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

「国境を越えた踊りの輪」

『随想』1月27日(神戸新聞)より 

 スペインに、「ベンポスタ子ども共和国」という、子どもたちが
サーカスをして暮らしている共同体があります。
1956年に、
ある神父が貧しくて教育が受けられず職もない青少年たちの
自立支援のために設立し、その後サーカス団も結成して、
そこには学校や民芸品工房、テレビ局も作りました。
 1993年夏に、そのサーカス団の青少年83名を日本の市民団体が、
全国でサーカス公演をしてもらうために招聘しました。
神戸では、カトリック鷹取教会で歓迎会が開かれ、
私はボランティア通訳として関わりました。
彼らに実際に会うまで、サーカスをしている子どもたちについて、
何となくかわいそうなイメージを抱いていた私は、
サーカスで世界に平和のメッセージを伝えるという彼らの誇りと
自信に満ちた、底抜けに明るい雰囲気に感銘をうけました。

 そして、10日間のサーカス公演が終わり、
教会のそばにある大国公園で行われていた夏祭りが、
彼らとの送別会となりました。
公園の真ん中に櫓が建てられ、盆踊りをする地域の人たちの輪の中に
サーカス団の青少年たちやボランティアの若者たちも入り、
次はお返しにと、サルサダンスを老若男女みんなで踊ったのでした。
それは町の人たちにとっても初めての経験で、夢のように楽しく、
忘れることができない光景でした。
それから1年半後に地震が起きて、町は無惨な姿になってしまい、
その大国公園も焼けたのでした。

 そして、それから10年以上経った夏祭りには、
いつものたこ焼きや焼きそばの屋台と並んでベトナム春巻きや
韓国チヂミやペルー焼き鳥が並びました。
盆踊りの輪の中では、
ベトナム人やブラジル人も楽しそうに踊っていました。
鷹取教会のある神戸市長田区は、
外国出身の人たちがたくさん住んでいますが、
それまでは一緒に夏祭りを楽しんだことはなかったのです。

地震でみんな大変な思いをしたけれど
ベンポスタの子どもたちがい来なくても、
あの光景が見られる町になったのでした。
               (by 吉富志津代)
別窓 | 日常のできごと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<「地域が支えるラジオ局」 | とみちゃんのラテンな日々 | 「心のこもったルール」>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。