とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

姫路菓子博

ものすごい人手で、せっかく行ってもほとんど見れないと
いううわさの姫路菓子博に行ってきた。

実家の父母と娘と4人で、すでに混んでいる姫路駅から
歩いてお城まで行き、ぞろぞろとゲートを入る。
ここまでは結構スムーズ。
最初の「兵庫のお菓子館」は少し並んだだけだった。
ここでは兵庫県のお菓子紹介と世界のイメージを
お菓子で表現するなどのコーナーに続き、
帆船をかたどったお菓子などを見る。

そしてその次からは試食のできる「夢のお菓子ランド」は
190分待ちで制限され列にも並ぶことができず。
買って来たおにぎりをベンチで食べて休憩し、
お茶席でお抹茶と和菓子をいただくがこれは有料。

さらに「和の匠館」が60分待ち「テーマ館」は180分待ち。
でもあと一つぐらいは見なきゃと
「日本縦断お菓子めぐり館」には60分待ちの列に並んだ。
しかし、販売コーナーではさらにもう一度40分待ちの列
だったのであきらめる。

それにしても日本という国に住む人たちは、
根気よく、おとなしく3時間でも並んで待つということに
やけに感心してしまった。
入り口まで来て入場するのをあきらめて天守閣に上って
動物園を見るだけにしたヨーゼフも、その後に合流。
姫路名物のショウガ醤油のおでんなど食べて
商店街をぶらぶら歩いてから解散となった。

でも商店街では会場でお菓子を買えなかった人たちが
あちらこちらでお菓子など買い、お店に入って
おみやげを買っているのを目撃。

前売り券のバラまき過ぎだと批判的だった私だが、
これだけの人がやってきて、
地域の経済効果はかなりあがったのだし、
総体的には、この菓子博は大成功なんだろう、
と思いなおしたのだった。

チョコレートのトリュフで作った地球
080429_1126~01

ブラジルのフェスタジュニーナをイメージしたお菓子
080429_1120~01

大阪のあわおこしで作った太陽の塔
080429_1307~01



別窓 | 日常のできごと | コメント:1 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<アレイダ・ゲバラ | とみちゃんのラテンな日々 | ブラジル移住100周年>>

この記事のコメント

はじめまして!

こんにちは(^0^)

初めてコメントさせていただきます!!

良かったら私のホームページも見て下さいね☆★☆


http://next-yourlife.com/hp21/?c=309575
2008-05-01 Thu 16:46 | URL | サクラママ #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。