とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ボゴタ1日目

2月26日(火)

朝食のあとは、AMARCのメンバーとあいさつ。
Kanban.jpg

日本のメンバーはラテンアメリカの委員達の会議には
参加しないので、ダウンタウンを散策した。
残念ながら黄金博物館は工事中で閉館していたが、
町の中心にあるボリバル広場までみんなでゆっくり歩いた。
広場には「ストップ!誘拐」という垂れ幕がかかげてあった。
Bogota1.jpg

コロンビアでは特に7年前から高い公職に就く人や
お金持ちをねらった誘拐が相次ぎ、今でも700人が
拉致されたまま、その家族が身代金を払い続けているという。
社会的秩序がくずれているらしい。
多くの普通の善良な人々が暮らしているのだろうけど、
町の様子も何となく翳りがあり、夜の通りはやはり怖い。

昼食には戻って来て日本の活動のアピール開始。
少しインタヴューもできた。
スペイン語を話す日本人はめずらしがられる。

午後からは、コロンンビア地震の支援の時にかんちゃんが
訪ねたコロンビア在住の神父さんを訪ねる。
ものすごい記憶力の神父さまは、日本語での久しぶりの会話を
たいへん喜んでくれて、そのお話は大変楽しかった。
もう神父さん達の養老院で喜寿を迎えられたそうだ。
Shinpu.jpg


夕食はまたAMARCのメンバーと話しながらすませる。
こうして食事の都度お互いを知り,
親交を深めて行くのだと実感。
ここではスペイン語を話すことは、ポイント高い。
別窓 | 仕事のこと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
<<ボゴタ2日目 | とみちゃんのラテンな日々 | コロンビアへ>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。