とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

ハバナ/キューバ(11月18日~22日)

ペルーを早朝に出て、いよいよキューバへ。
入国審査は、スムーズにいき、空港からはタクシーで
中心地まで約40分ほど。

ハバナは旧市街地と新市街地とに大きくわかれており、
ネット環境がよいようなので新市街地のホテルを予約した
のにも関わらず、ビジネスセンターでしかネットは
つながらない。
でも、窓から海の見える静かでこじんまりしていて
スタッフの対応もよく、リーズナブルなホテルだったので、
一応納得する。
CIMG8583-s.jpg

新市街地から世界遺産の旧市街地まではタクシーで
約5分、400円なり。
キューバは、外国人用の兌換券があり、外国人観光客は、
キューバ国民の約25倍の価格で過ごすことになる。

初日の夕食は、石東さんたち建築家グループと合流。
みなさん、すてきな先輩たち。
コスタリカのグレンさんが通訳として同行。
夜の町を散策する
CIMG8508-s.jpg

CIMG8509-s.jpg

CIMG8510-s.jpg

この日は、タクシーをチャーターして
チェゲバラのゆかりの場所をまわる。
チェゲバラ研究所は工事中で、残念ながら中には入れず
CIMG8553-s.jpg

内務省の建物にもチェの顔が
CIMG8587-s.jpg

チェが最初に住んだ家の前で
CIMG8629-s.jpg

ベッドでくつろぐチェ
CIMG8634-s.jpg

チェが家の屋上から見ていたハバナの風景
CIMG8638-s.jpg

その先には小さな漁師町があって、ヘミングウェイが
よく行ってダイキリを飲んでいたバルもある。
CIMG8648-s.jpg

途中、日曜市で盛り上がっているマーケットを通る。
CIMG8658-s.jpg

CIMG8661-s.jpg

昼食は、フラメンコダンスを見ながらイタリアン
CIMG8670-s.jpg

CIMG8677-s.jpg

世界遺産になっているハバナの旧市街地では、
いたるところで音楽が聞こえ、人びとはリズムに乗りながら歩く。
お昼ご飯もライブを聞きながら。
CIMG8575-s.jpg

CIMG8644-s.jpg

CIMG8682-s.jpg

CIMG8819-s.jpg

CIMG8815-s.jpg

CIMG8864-s.jpg

日曜日の仮装パレードも賑やかに
CIMG8696-s.jpg

ブエナビスタソーシャルクラブのライブでは、
プロダンサーとサルサを踊って、舞台へ!
CIMG8757-s.jpg

P1010995-s.jpg

CIMG8752-s.jpg

通りで髪の毛のセットをする人。写真を撮ったら、
チップをねだられた。
CIMG8812-s.jpg

通りであやしげな葉巻を売るおばさんも。
CIMG8685-s.jpg

庶民の市場には、あまり野菜はない
CIMG8565-s.jpg

CIMG8567-s.jpg

広場では、毎日古本市
CIMG8686-s.jpg

キューバ危機のときに、
アメリカにむけて発射されそうになったミサイル
CIMG8599-s.jpg

ホワイトハウスそっくりの旧国会議事堂
CIMG8680-s.jpg

失業中で仕事をさがしている若者たちもなぜか明るい
CIMG8523-s.jpg

ちょっとした移動に便利な、
町の中を走る自転車タクシーや黄色いココタクシー
CIMG8515-s.jpg

CIMG8803-s.jpg

住宅街の様子
CIMG8524-s.jpg

住宅街の中の民宿の屋上で。世界遺産の古い町並みも、
上から見ると何とかメンテナンスして住んでいる様子。
CIMG8525-s.jpg

CIMG8527-s.jpg

ハバナの中華街の入り口
CIMG8594-s.jpg

川辺で中国麻雀をしている人たち
CIMG8550-s.jpg

道ばたで野菜を売る農協の人
CIMG8549-s.jpg

1950年代の、展示会場でしか見られないような
クラシックカーがポンコツながら町中を走っている。
CIMG8517-s.jpg

修理をしている光景もあちこちで
CIMG8535-s.jpg

一日サルサレッスンの先生の家族と記念写真
CIMG8852-s.jpg

小学校で石東さんが折り紙を教える。
学校には必ずチェゲバラの写真が飾ってある。
P1020321-s.jpg

最後の日はヘミングウェイが定宿にしていたホテルに泊まる。
ロビーではピアノ演奏
CIMG8952-s.jpg

ヘミングウェイが見ていた景色には、
チェゲバラの最初の家が見える。ちょうど海峡をはさんで
向かい側にこのホテル「アンボスムンドス」(Ambos Mundos
/スペイン語で両方の世界の意味)がある。
CIMG8942-s.jpg

夜のカテドラル前のカフェは本当に美しい
CIMG8907-s.jpg

CIMG8914-s.jpg

カテドラルの中
CIMG8946-s.jpg

おいしいカクテルの数々、モヒート、ダイキリ、ピニャコラーダ
CIMG8697-s.jpg

CIMG8854-s.jpg

CIMG8930-s.jpg

おいしいお料理も(どこのホテルも朝食が豪華)
CIMG8767-s.jpg

CIMG8867-s.jpg

CIMG8938-s.jpg

CIMG8506-s.jpg

CIMG8563-s.jpg

CIMG8672-s.jpg

CIMG8856-s.jpg

CIMG8859-s.jpg

ハバナを出る直前に、チェゲバラ研究所の事務所にいる
ゲバラの長女のアレイダさんとうまく連絡が取れて、
1時間半の会談の時間が取れた。
2年ぶりの再会だったが、グレンとともに、
いろいろな話ができた。
CIMG8896-s.jpg

CIMG8894-s.jpg

チェゲバラ研究所の向かいにある事務所
CIMG8555-s.jpg

空港と空港内の行列
非効率な航空会社の対応と出入国審査の横柄な態度の役人は
社会主義国の特徴か。。。
CIMG8958-s.jpg

CIMG8959-s.jpg

一度は訪れたいと切望していたキューバ。
社会主義なのにラテンな国キューバは、不思議の国だった。
今度は、ハバナ以外の、ゲバラが革命のときに辿った道を
訪れたいと思う。


スポンサーサイト
別窓 | 日常のできごと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

リマ/ペルー(11月14日~17日)

ブエノスアイレス空港から、
ヨーゼフは帰国の途へ、私はペルーへ

ペルー人の友人は多いし、これまでもペルー人たちと
一緒に活動してきたプログラムもたくさんあるが、
ペルーには初めて訪れる。

前半はロクサナの妹のジョバンナの家に泊めてもらい、
初日はリマの観光スポットを案内してもらった。

ジョバンナの家の前で
CIMG8275s.jpg

海岸の道は切り立った崖沿いに走る
CIMG8279s.jpg

リマ旧市街地のプラサ
CIMG8304s.jpg

リマ旧市街地の中華街
CIMG8326s.jpg

バランコ地区の夜店
CIMG8352s.jpg

CIMG8355s.jpg

ホルヘ(ジョバンナのだんな様)は、警察の偉い人。
CIMG8358s.jpg

ジョバンナのかわいい3人の子どもたちと昼食。
CIMG8377s.jpg

ホルヘ(ロクサナの夫のセサルの弟)の姪の誕生日パーティに参加。
CIMG8387s.jpg

旧市街地や官公庁街、新市街地、新興住宅街など、
どこを見ても、新しいビルがどんどん建てられ、
人が行き交い、物があふれていて、
リマは経済成長の最中のような勢いがある。
日系人の仕送り効果と、中国産業の参入のようだ。

その象徴のようなラルコマルというモールの
海の夜景の美しいBARで、元名古屋総領事館の
メンディビル大使にピスコサワーをごちそうになった。

CIMG8341s.jpg

CIMG8382s.jpg

後半は、新市街地のミラフローレスのホテルに移って、
ハビエルのお兄さんのアルトゥロに、
日系ペルー人協会や日系人関連の施設を案内してもらう。

CIMG8291s.jpg

CIMG8290s.jpg

建物の中には日本庭園が。。。
CIMG8294s.jpg

お茶のお手前のてほどきをする日系人
CIMG8400s.jpg

第二次世界大戦中に日系人を収容し財産を没収して
アメリカに強制的に送ったことの賠償として、
10000m平方の土地がペルー政府から日系人に返却され、
日系ペルー人協会というNGOを設立し、そこに病院、劇場、
レストラン、ホール、資料館、日本語教室を含む各種文化教室、
その他必要な事務所や相談機関があって、毎日5000人が活用している。
しかも病院は、リマでも一番の最新機器と技術とシステムで、
ペルー人たちも診察を受けにくるが、
日系人の場合は予約ができるという優先権がある。
でも、医療費は他よりも安く、貧困層からはもらわないらしい。

運営はそれらの経営で成り立っていて、
日系人を中心に1200人が雇用されている。
それにアルトュロのような役員などボランティアで関わって
いる人が約400人ぐらいいるそうだ。

ペルーにこんなに大きな当事者組織があることを知らなかった。
しかも、日本人としての誇りをちながら、
ペルー社会に貢献しようというのがコンセプト。
会長にもインタヴューができた。

それ以外に、ラウニオンというスポーツと教育施設、障害者施設、
介護施設もあり、小学校から中学校までの生徒850人が通う。
教室を見学すると、
「きりつ」「れい」「ちゃくせき」の号令で挨拶をしてくれる。
今の日本の学校では見られない風景だ。

そしてハビエルのお母さんと一緒に彼のお墓参りも。
CIMG8491s.jpg

その夜は、今回の渡航前に参加したヒルトンホテルでの
ペルーフェスタでインタヴューをしたペルー人シェフの
レストランに招待され、ジョバンナ、アルトゥロ夫妻、
メンディビルと彼女、などを誘って最後の晩餐となった。
大使と日系ペルー人協会とのつながりになればいいと思う。
メニューは、ペルー風の和食創作料理という感じで感激もの。
もちろんピスコやワインも堪能した。

メンディビル氏とアルトゥロ
CIMG8502s.jpg

ペルーの料理は、魚介類から肉類、野菜、芋類などの
食材も豊富で、メニューもバラエティに富んでいて、
南米でも特においしいという評判。
以下に、そのメニューの一部を紹介!

CIMG8277s.jpg

CIMG8324s.jpg

CIMG8356s.jpg

CIMG8495s.jpg

CIMG8496s.jpg

CIMG8497s.jpg

CIMG8500s.jpg

CIMG8501s.jpg

CIMG8503s.jpg
別窓 | 仕事のこと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

ラプラタ/アルゼンチン(11月7日~13日)

ニューヨークからワシントン経由で約14時間をかけてアルゼンチンへ.
この一週間はラプラタで開催される「AMARC10」に参加する。
世界コミュニティラジオ放送連盟の4年に一度の世界大会が
今回はアルゼンチンとなった。
カテドラルのライトアップは美しく、
最初の夜のアルゼンチン料理はかなり美味。

CIMG2469s.jpg

しかし、ラプラタは郊外の古いきれいな町だが、
毎日朝から夜まで会議なので、あまり印象に残ることはない。
会場での様子、世界からやってきた仲間たちの取材攻勢、
ワークショップにパネルディスカッション。

CIMG2462s.jpg

CIMG2483s.jpg

会場からのラジオ生中継中
CIMG2494s.jpg

CIMG2762s.jpg

アルゼンチンの先住民の歌を披露
CIMG8156s.jpg

通訳ブースでは多言語の同時通訳
CIMG8149s.jpg

アジアの女性陣で記念撮影
CIMG8116s.jpg

私が参加したのは「言語マイノリティとラジオの連携」
CIMG8088s.jpg

ヨーゼフは、「災害とコミュニティラジオ」
CIMG8119s.jpg

大会一日目の夜はカルチャーイベントがあって
本場のタンゴで楽しんだ。

CIMG8096s.jpg

CIMG8104s.jpg

CIMG8106s.jpg

お昼ご飯をはさんで、参加者が一週間毎日顔をあわせるので、
仲間意識は強まるが、
2008年3月に開催されたラテンアメリカの大会のときに
感じたような一体感や楽しさは、思っていたより
盛り上がりに欠ける。

最後の日にはブエノスアイレスの
コミュニティラジオや市民活動団体の見学と観光と
フェアウェルイベント。
CIMG8205s.jpg

私も収録で参加
CIMG8214s.jpg

フェアウェルイベント会場では、ハイチのチームが
インターナショナルソリダリティプライスを受賞。
CIMG8236s.jpg

そのあとは、女性4人のラッパーのライブ
CIMG8244s.jpg

AMARC本部事務局長のマルセロと副代表のアレイダさんと。
(どう見てもスーパーマリオにしか見えない!)
CIMG8246s.jpg

全体に予算不足なのか、ごはんが質素だったり
イベントが中途半端だったのは残念だが、
多くのコミュニティメディアの仲間たちと同じ空間で
過ごす1週間は、貴重だった。

ブエノスアイレスでの最終日のお昼ご飯は、
宗田さんと炭焼きステーキ
そしてアルゼンチンの最後の夜はビールで乾杯!

hanaj-s.jpg


buenosaires-s.jpg

CIMG8253s.jpg





別窓 | 仕事のこと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。