とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告
∧top | under∨

震災から14年

毎年1月17日は、震災追悼行事で一日を過ごす。
今年も朝の4時半に起きてたかとり教会の追悼ミサに参加。
そのあとは、ねねチームが用意してくれた豚汁で暖まりながら、
この日には必ず集まる仲間たちと挨拶をかわす。
私たちにとっての旧正月のようなこの日は振る舞い酒も。。。。。
10時まで少し仕事をして、今年は教会内に設置された野田北部の
震災資料展示室のオープニング式典に参加してから
新長田駅前のろうそくイベント「1.17神戸に灯りをin ながた」の
会場へ。
FMわぃわぃも今日は一日,12時~22時までここからの
中継放送となる。隣には舞台も設置、太鼓や歌もある。
目の前はろうそくの灯りがきらきらときれい。

090117_2122~01

私のラジオの出番は、13:00~14:00まで、
久しぶりの田村太郎さんとの「多文化共生」トークと、

IMG_0103-b.jpg


18:30~19:00の、関西ブラジル人コミュニティ/松原マリナさんと
ひょうごラテンコミュニティ/大城ロクサナさんをゲストに、
日系南米人の経済的危機状況についてのトーク。

IMG_0129-b.jpg


感動したのは、ラテンのふたりのメッセージだった。
「日本人も大変な時に外国人のことまでめんどう見れないから
自分の国に帰ればいいのに」
という声が聞こえてくるけどどう思うかという、
聞きにくいことを聞いてみたら、
「日本も、どこの国の人であっても同じ人間として困ったら助け合う
という基本的な考え方ができる国になってほしい」

まったくそのシンプルなことばにうなづく。
大変なのはみんな同じ。外国人とか日本人とかではなく、
日本人でも外国人でもクビになった弱い立場の人がいる。
日本人でも外国人でも強い人がいる。
たまたま今弱い立場にいる人達へ手を差し伸べる、
弱い人達への視点を忘れない、
それは同じ社会に暮らしている人として当然。
日本人だとか外国人だとか言っている場合じゃない。

たまたまその弱い人の中に日本語の理解の不十分な人には
わかる言葉で情報を、
また、弱い人達の中にたまたま障害を持つ人がいれば、
動けるようにサポートを、
そういう成熟した社会をめざしたい。
将来、今回は弱い立場だった人が、次は逆の立場で
またサポートをする側にいるかもしれない。

最後にロクサナが自分の言葉スペイン語で力強く語りかけた。
「ボリビア人でもペルー人でもコロンビア人でも、
日本という国で暮らしてきて、たとえ仕事がなくなったからと
言って、人にたよるのではなく自分の足でしっかりと立ち、
努力して前に進んでほしい。
私たちはラジオや冊子を通してできるだけ情報も伝えるし、
相談にものるから頑張ってほしい。」
スポンサーサイト
別窓 | 仕事のこと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

チェ 28歳の革命

私は、チェ・ゲバラが大好き。
娘のアレイダさんと話しができたときは、ゲバラのTシャツに
サインをしてもらったほど。
今年はそのチェの映画が2本も公開されるのを楽しみにしていた。

1月11日、この日は私の誕生日。
この日はヨーゼフとその映画を見ることにしていた。
朝9時半に大国公園で集まって、
あいウォーク(募金をして被災地を歩く震災周年追悼イベント)に参加し、
旧知の方達と一緒に丸五市場で焼き鳥やコロッケで日本酒を一杯(いっぱい?)。
ほろ酔い気分で歩いて、途中からたかとりに戻り、
ねねのみなさんに誕生日を祝ってもらってワインで乾杯。

IMG_0092-b.jpg

さらに、そのまま映画の始まるまで「ミュンヘン」で
飲もうと、ねねのメンバーと集まってまたまたビールで乾杯。

そして、すっかりできあがって5時すぎの上映にあわせて
ミント神戸へ行き、いよいよチェの映画が始まる。
本人と見間違うほどそっくりのベニチオ・デル・トロの熱演に
みとれて。。。と思ったら記憶がとび、
あ、かっこいい!!と感激したはずなのに、また記憶がとぎれ、
終わった時にヨーゼフが「よかったなあ!」って
話しかけて来た時は、「あれ?おわった?」
最後のところ見てなかった?????

気づいたらもう遅い。
ぜったいもう一回見に行くんだ!
別窓 | 日常のできごと | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨

新年

今年は、31日の午後11時半ごろから鷹取教会に行き、
カウントダウンは、カトリックのミサで迎えた。
日付けの変わった直後の挨拶はカトリック風の握手で祝い、
その後は近くの須磨寺へ向う。。。。。
須磨寺では参拝客がもう帰る頃になっていたが、
階段を上ってお線香をたててお参りをする。

そして自宅では、元旦の朝に家族で集って
おせち料理とお屠蘇で新春を祝った。
2日には姫路の実家でもみんなでもう一回お屠蘇でお祝い。
こうして、およそ宗教にとらわれず、
自分の仲間と家族で、新しい年を迎えたことを
喜ぶ毎年である。
090102_1204~01
2009年の新年の自宅の床の間

090101_0040~03

2008年の鷹取教会のクリスマスの飾り付け

別窓 | 日常のできごと | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。