とみちゃんのラテンな日々

Hasta mañana,que será será.....

研究者の縦割り

今日は、多文化関係学会の全国大会プレカンファレンスで
講師をした。
たかとりコミュニティセンターの私に依頼してくれて
光栄だと思う。
自分たちの活動紹介と、マイノリティの当事者視点を
感じてもらうというのが目的だった。
ワークショップでテーマ別にグループごとに話をしてもらい、
参加してもらったベトナム、ペルーの
それぞれの自助活動をするグループのリーダーに
コメントをしてもらうということをした。
それなりに、
少し違った現実を感じてもらえたのではないかと思う。
で、私の感想はというと、研究者の方達の「縦割り」だった。
専門分野といわれることについては、
深い知識のあるはずである方たちも少し違うテーマになると
びっくりするぐらい現実を知らないのだなあ
と思ったわけである。
現場で「多文化関係」の活動に関わる私たちは、
在日外国人に関する
あらゆることに日々触れているわけだが、大方の研究者は
スポットでしか見えないのも無理はない。
もちろん個人によって違うが。。。。。

ずいぶん前からこんなに多文化な社会を研究している人たち
がいるのに、社会はなかなか変わらないのはなぜだろう。

別窓 | 研究のこと | コメント:2 | トラックバック:0
∧top | under∨
| とみちゃんのラテンな日々 |